読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プラトーの花とアリストートルの実

f:id:junosakura:20170112031427j:plain
nicovideo.jp

エヴィリオスシリーズにおける「プラトーの花」と「アリストートルの実」についての独自解釈。これからシリーズを追う人にも配慮したつもりだが、必要最低限のネタバレは含んでいる。また、参考元はすべてインターネットであり、信憑性は保証しない。ほんまでっか程度にどうぞ。

まとめ

長くなったので先にまとめを載せておく。

  1. プラトー花とアリストートルの実とは
  2. エヴィリオスでは
    • プラトーの花=高原の花&純潔の花
    • アリストートルの実=神の双子
  3. その他
    • プラトーとプラトニックは語源が同じ
    • プラトンの本名はアリストクレス
    • アリストの印欧祖語はh₂er-
  4. つづきはメディアで
    • アリス→アルバム『原罪物語 完全版』
    • her→小説『ヴェノマニア公の狂気』
    • プラトニック→小説『眠らせ姫からの贈り物』『悪徳のジャッジメント

以下、本文。

はじめに

エヴィリオスシリーズは、mothy_悪ノPによる物語音楽および小説の総称である。千年王国エヴィリオスをおもな舞台とした群像劇であり、初音ミクをはじめとするVOCALOIDをモチーフとしたキャラクターが多数登場する。

シリーズにおいて初音ミクをモチーフとするキャラクターには、原則としてマ行ではじまる名前がつけられている。例としてミクリア、ミカエラマルガリータなどが挙げられる。

この法則にあてはまらない名前に、プラトニック、アリス、イブがある。このうちイブは夫アダムとともに、旧約聖書のアダムとイブに由来している。

では、のこるプラトニックとアリスの由来は何か。

プラトニックとアリスの由来

新渡戸稲造の著『ソクラテス』に、つぎの文がある。

もしソクラテスにして、何彼と斟酌ばかりして、思う事も遠慮していわなかったとするならば、世界はまあどれほどの大損失であったことだろう。プラトーの花も咲き損い、アリストートルの実もまた結び損ったに違いない。
新渡戸稲造 ソクラテス

内容は「ソクラテスなくして、プラトンアリストテレスはなかった」と訳せるだろう。この三名は古代ギリシャの哲学者である。

文中に「プラトーの花」「アリストートルの実」とある。楽曲『プラトーの花』およびプラトニックとアリスの名前は、ここに由来しているのではなかろうか。

プラトーの花

楽曲『プラトーの花』の主人公ミクリアは、メリゴド高地にある高原の町カルガランドに暮らす花売りである。彼女と縁深い人物として怪盗プラトニックがいる。

プラトニックとは哲学者プラトンの名に由来する言葉であり、厳密には異なるが、精神的な愛や純潔などを意味する。

かつては、好き合った男女同士でも結婚までは純潔を保つべきである、として結婚までは精神的な愛を理想と考える向きが強かった。〔中略〕プラトニックとは「プラトン的な」という意味で、古代ギリシアの哲学者プラトンの名が冠されている〔後略〕
プラトニック・ラブ - Wikipedia 2016-10-30 16:01

ここから『プラトーの花』には「Flower of the Plateau」「高原の花」のほかに「Platonic Flower」「純潔の花」の意味も込められていると考えられる。「純潔の花」であるがために「花は綺麗でなくてはならない」という歌詞が繰りかえし歌われているのだろう。

さらに語源を辿ると次のようにある。

plateau〔中略〕see plate.
plateau - Wiktionary 2017-01-03 20:18

plate〔中略〕form Ancient Greek πλατύς (platús, “broad, flat, wide”)
plate - Wiktionary 2016-11-20 01:57

Plato〔中略〕from πλατύς (platús, “broad, wide”)
Plato - Wiktionary 2016-11-25 10:50

Plateau と Plato の語源は古代ギリシャ語で広大を意味する Platús であり、高原としてのプラトーと純潔としてのプラトーの語源が共通していることが分かる。

プラトニックとアリスの接点

先に述べた通り、プラトニックの語源は哲学者プラトンの名である。このプラトンという名は通称であり、本名はアリストクレスという。これは古代ギリシャ語で「最高の名声」を意味する。

プラトンの本名はアリストクレスである。
プラトン - Wikipedia 2016-12-22 01:06

Ἀριστοκλῆς〔中略〕From ἄριστος (áristos, “best, noblest”) + κλέος (kléos, “fame”).
Ἀριστοκλῆς - Wiktionary 2016-11-22 20:31

一方、女性名アリスはアーデルハイトの短縮形であり、古高ドイツ語で「高貴な姿形」を意味する。

アーデルハイト(ドイツ語: Adelheid)は女性の名前。古高ドイツ語では「Adalheidis」であり、「adel」は「高貴な」を、「heit」は「姿」や「形」を意味した。アデライード、アデレード、アリス、アリシアなどに対応する。
アーデルハイト - Wikipedia 2015-08-03 09:19

アリストクレスとアリスは、起源もつづりも全く異なる名前である。しかしカナとして見れば、どちらも同じ「アリス」の音を持っている。

偶然である可能性も高いが、プラトニックとアリスのメタ上の接点として、この「アリス」という共通点を挙げておきたい。カナにすることでダブルミーニングとして捉えようとするのは、『プラトーの花』における「高原」と「純潔」の考察と同じである。

アリストートルの実

「アリストートルの実」には、作中で「禁断の果実」とも呼ばれる《神の双子》があてはまるだろう。彼らは女王アリスがある目的のために生み出した存在である。

アリストートル(アリストテレス)の名は、古代ギリシャ語で「最高の目的」を意味する。

名前の由来はギリシア語の aristos (最高の)と telos (目的)から
アリストテレス - Wikipedia 2016-11-09 17:07

ここから《神の双子》は「アリスの目的の成果物」として「アリストートルの実」であると捉えることができる。

プラトニックとアリスの本名

すでに本稿の主題であるプラトニックとアリスの由来については述べたが、まだ不明な点が残っている。怪盗プラトニックの本名と、女王アリスに法則から外れた名が与えられている理由である。

これらはまだ確実な情報が明かされておらず、推理を述べるには小説本編のネタばらしが必要となるため、明記は避けようと思う。

参考までに、欧米においてアリスとは「Aさん」などの匿名代わりによく利用される名前であり、エヴィリオスにおいては無個性さや無機質さ、主体のなさや無名などを表していると解釈できる。

Aliceは欧米では一般的な名前であるため、たとえ話の登場人物の名前としてもよく利用され、「Aさん」の代わりにAliceと言う。
アリス - Wikipedia 2016-11-15 23:50

この意味はアルバム『原罪物語 完全版』の収録曲『Queen Of The Glass』を聴けば納得できるだろう。クロスフェードでは先に述べた「アリストートルの実」の解釈に関わる部分を試聴できる。

youtube.com

ついでに以下のような情報も見つけたので紹介しておこう。アリストクレスやアリストテレスの名にある「アリスト」の音を印欧祖語まで辿ると、herの三文字が含まれている。エヴィリオスにおける「her」については、小説『ヴェノマニア公の狂気』が詳しい。

ἄριστος〔中略〕From Proto-Indo-European h₂éristos (“fittest”), the superlative of h₂er- (“to fit, be suitable”).
ἄριστος - Wiktionary 2016-09-12 05:03

余談だが、『プラトーの花』の舞台であり怪盗プラトニックの出身地ともされるメリゴド高地の名は、女王アリスの姓でもある「メリーゴーランド」に由来している。アリスは紀元前の人物であり、プラトニックは四世紀の人物である。

プラトニックの本名については、以上の情報や考察を踏まえた上で、小説『眠らせ姫からの贈り物』および『悪徳のジャッジメント』を読むことで推測できる。ただし必ずしもそれが正解とは限らない。全てを疑ってかかるのがエヴィリオス考察の醍醐味だろう。

ソクラテスは誰か

エヴィリオスシリーズは、創造神シックル*1が生み出した千年王国の物語である。

哲学者ソクラテスなくしてプラトンアリストテレスはなかったように、創造神シックルなくして怪盗プラトニックや女王アリスはなかっただろう。

さて、ソクラテスシックルの名に同じ子音「S、C、R/L」が並んでいるのは、単なる偶然であろうか。

答えは神のみぞ知る。

外部リンク

*1:鎌状の翼をもつコウモリの姿で現れる太陽神。哲学には「コウモリであるとはどのようなことか」という問いがある。